アブノーマルカンパニーズのカテゴリ

2021年09月09日に配信開始の旧作アダルト作品(人妻家畜・奈々【肛虐調教編】)

人妻家畜・奈々【肛虐調教編】

本映像はSM雑誌『マニア倶楽部』に投稿された作品をまとめたものです。【以下、投稿者・奈々(仮名)さんより】中学二年生の時、実の兄と一度だけ過ちを犯してしまいました。その日から私は兄を思い浮かべ、自慰に耽るような変態になってしまいました。そんな女ですから、その後は誰ともお付き合いすることもなく、24歳の時に親戚に紹介された男性と処女のまま結婚しました。そして現在…そんな私の本性を見抜いた夫の親友男性から、調教される日々を過ごしています。見ず知らずの男性のもとに貸し出され、最下層の性処理専用家畜として生きる悦びに目覚めたのです。もちろん、このことは夫には一切秘密です…。【シーン1】白くて可愛いしっぽのついたアナルプラグを肛門に入れていただき、あらためて性処理家畜としての躾をしていただきました。コップにした自分のおしっこを飲むように命令され、がんばりましたが最後はむせてこぼしてしまい、まだまだ自分はメス家畜として未熟だなと思ってしまいました…。【シーン2】男性の拳以上ほどの大きさの超巨大ディルドでヴァギナを虐められました。私のメス穴はすっかり拡がり、ゆるくなってフィストファックが出来てしまうほどになってしまったのです…。【シーン3】浴室で水責めの刑を受けました。一日中嬲られ続けたオマンコとお尻の穴は熱を持つほどに火照り、敏感になっていたので、水流が当たるたびに体が勝手にビクンビクンと痙攣してしまいました。【シーン4】この日もお尻の訓練をしていただきました。お風呂でお浣腸をたくさんしてもらったのに、お部屋でイスにM字開脚で縛り付けられてアナルをいじられるとたくさんウンチをお漏らししてしまいました…。【シーン5】ベッドに移動し電マの刺激で肛門をほぐされると、電マの頭が入ってしまいそうなほどにお尻の穴が拡がってしまったんです。【シーン6】訓練の成果をお見せするため、テーブルに固定された凶悪な大きさのディルドに腰を沈めるように言われました。(こんなに太いの絶対にムリ…)と思ったのですが、私のアナルはゆっくりとそれを飲み込んでしまったのです…。

2021年09月09日に配信開始の旧作アダルト作品(人妻家畜・奈々【肉便器調教編】)

人妻家畜・奈々【肉便器調教編】

本映像はSM雑誌『マニア倶楽部』に投稿された作品をまとめたものです。【以下、投稿者・奈々(仮名)さんより】中学二年生の時、実の兄と一度だけ過ちを犯してしまいました。その日から私は兄を思い浮かべ、自慰に耽るような変態になってしまいました。そんな女ですから、その後は誰ともお付き合いすることもなく、24歳の時に親戚に紹介された男性と処女のまま結婚しました。そして現在…そんな私の本性を見抜いた夫の親友男性から、調教される日々を過ごしています。見ず知らずの男性のもとに貸し出され、最下層の性処理専用家畜として生きる悦びに目覚めたのです。もちろん、このことは夫には一切秘密です…。【シーン1】シースルーのスケスケの服を着て、貸し出し先の男性の元へ向かうよう命じられました。着くとすぐに、電マオナニーをするよう言われました。その後、吸引器で乳首やクリトリス、ラビアを吸われ、だらしなく伸びた形状を笑われました。でも何より恥ずかしかったのは、そんなことをされればされるほど濡らしてしまったことです。【シーン2】はしたなく濡らしてしまった罰として、壁にはりつけにされ、靴べらでお尻を何度も打たれました。反省したいのに、股間には縄で電マが固定されているので甘い声が漏れてしまい、自分の罪の深さが際だってしまいます…。【シーン3】お尻の穴で男性を満足させられるように訓練をしていただきました。びっくりするような大きなディルドを使ってお尻を拡げていき、最後には指が4本も入ってしまいました。【シーン4】この日は私のために4人もの男性が集まってくれ、肉便器として私を扱ってくれました。皆さんにオモチャでさんざん私のメス穴を可愛がっていただき、何度も絶頂を迎えました。【シーン5】同時に何本ものオチンポ様にご奉仕させていただきました。どのオチンポ様もとってもおいしくて、私は心を込めて丹念に舐めました。おしっこがしたくなったのでベランダで皆さんに放尿鑑賞をしていただいた後、どちらの穴でもご奉仕できるよう、双頭ディルドでヴァギナとアナルをほぐしてもらったのです。【シーン6】私の望み通り、お尻の穴と膣の両方をたっぷり犯していただきました。同時に前と後ろにオチンポ様を挿入してもらった時は、あまりの気持ちよさに頭がおかしくなりそうでした。最後はたくさん中にも出していただき、この日の乱交肉便器パーティーは本当に夢のような出来事でした…。

2021年08月30日に配信開始の旧作アダルト作品(レズ調教される女教師・みなみ 【こぞって男根に傅く牝たち】(家畜コレクターvol.25))

レズ調教される女教師・みなみ 【こぞって男根に傅く牝たち】(家畜コレクターvol.25)

本映像は、三和出版のSM雑誌『マニア倶楽部』編集部に投稿されたSM愛好家の投稿動画をまとめたものです。投稿者のみなみ(仮名)先生は、ある出来事がきっかけで同僚の男性教師の毒牙にかかり、愛する夫と子供たちを守るため自己犠牲の精神から、熟れた肉体を差し出しました。そしていつしかその男性をご主人様と呼ぶような関係になりました。映像はご主人様によってレズプレイを命じられた際のものです。【シーン1】映像はご主人様と呼ぶようになった直後の映像で、みなみ先生が様々な場所で責められ喘ぎ声を搾り取られています。特に黒くサラサラの肩上ボブのまま主のペニスにフェラチオ奉仕をする姿はとても清楚で、淫乱なメス奴隷に調教された奴隷女教師には見えません。ですがみなみ先生は、その身体で男を挑発し、扇情を煽り、媚びて尽くすような性奴隷なのです。口唇は男性のオチンポさまに気持ちよくなってもらうための穴であり、マン汁や肛門粘液で汚れたオチンポさまを綺麗に拭清する穴です。もちろん性器と肛門も同じくザーメンを搾り取るための穴として躾けられてしまいました。夫と子供たちにどんなに言いつくろっても、その事実は変わりません。みなみ先生はセックス奴隷に自分の意思で堕ちていったマゾ奴隷なのです。【シーン2】映像はご主人様と、ご主人様の知り合いのカップル様とのSM4P動画です。30代になったばかりだというアキラ(仮名・銀行OL)さんは、厳しい奴隷調教をされているという女性で、みなみ先生とは一回り以上も年の離れた綺麗なOLさん。映像の中でみなみ先生は、結婚後にはじめて夫とご主人様以外のペニスに奉仕をさせられました。それもアキラさんと同時に、アキラさんの主である男性のペニスにです。最初はぎこちないフェラチオですが、『みなみ先生、先生のフェラチオが下手だと俺に恥をかかせることになるんだぞ』といわれるとスイッチが入ったのでしょうか、お互いの唾液と、男性の先走り汁でグチョグチョになったペニスさまを、奪うようにフェラ奉仕を始めました。そのあとメス奴隷たちそれぞれにお尻をたたき合うように命じたり、フェラチオで出した精液をお互いに唾液とともに交換させてから嚥下させたりと、体液と愛欲に塗れた淫獣たちの宴をご覧下さい。

2021年08月30日に配信開始の旧作アダルト作品(SM婚で主従を誓った隷女妻 【複数男根に快楽堕ちした妻】(家畜コレクターvol.28))

SM婚で主従を誓った隷女妻 【複数男根に快楽堕ちした妻】(家畜コレクターvol.28)

本映像は、素人のマニア女性から、三和出版のマニア倶楽部編集部に投稿されてきた動画を編集した作品です。投稿者のゆう子(仮名)さんは奴隷妻として全てを夫に捧げると誓った奥様。夫は強い加虐性癖があり、女性が精神的にも肉体的にも苦しまないと満足出来ないというサディストの男性です。【シーン1】複数輪姦。雄犬ポチを交えた複数プレイでは、はじめてM男性を交えたプレイでテンションが上がったのか、舐められて直ぐにアクメしていました。その後、遅れてきたお客様に玄関でおもてなしフェラ奉仕。全員がそろったので、雄犬ポチをふくめた4本のチンポで交互にオマンコを使ってもらいました。特に愛する夫の見ている前でのセックスは気持ちが入ったのか、雄犬ポチの巨根チンコで何度も何度もセックス絶頂を迎える様子が映っています。【シーン2】2穴の快楽責めでアクメするゆう子。奴隷妻のゆう子が夫以外の雄たちの性欲に翻弄され嬲られるシーン。陰核肥大化のためと称して男性ホルモンクリームを塗布されるシーンで構成しています。 ※本編中に映像が乱れる箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。あらかじめご了承ください。

2021年08月30日に配信開始の旧作アダルト作品(SM婚で主従を誓った隷女妻 【苦痛ハード調教にアクメする妻】(家畜コレクターvol.27))

SM婚で主従を誓った隷女妻 【苦痛ハード調教にアクメする妻】(家畜コレクターvol.27)

本映像は、素人のマニア女性から、三和出版のマニア倶楽部編集部に投稿されてきた動画を編集した作品です。投稿者のゆう子(仮名)さんは奴隷妻として全てを夫に捧げると誓った奥様。夫は強い加虐性癖があり、女性が精神的にも肉体的にも苦しまないと満足出来ないというサディストの男性です。主な収録シーンSMホテルの廊下で四つ足散歩(張り型とアナルフックを装着した状態)&フェラ奉仕の映像。タコ糸に火をつけ、お灸の代わりに乳首をなぶり焼く苦痛責め。身動きがとれないように緊縛し何度も絶頂アクメを与える快楽責め。打擲でアクメするように躾けられる調教動画。全身蝋燭責め夫に背後から抱きかかえられての蝋燭責め。垂らされるロウ涙によりスイッチが入ったのか、発情の声を上げはじめる。裸よりも恥ずかしい、男を挑発するためだけに作られた衣装を着て、磔刑のまま嬲られる。